« 2006年9月10日 - 2006年9月16日 | トップページ | 2006年9月24日 - 2006年9月30日 »

2006年9月17日 - 2006年9月23日

2006.09.22

国道36号線を凱旋パレード

 おらが街のチーム北海道日本ハムファイターズのパリーグ優勝、そしてその先に少しずつ見えてきた日本一への挑戦が現実味を帯びてきました。

 そこで今日は、私と懇親のある菅原氏(国道36号をウェルカムロードにする会代表)から送られた日本ハムファイターズの優勝パレード仮想イメージCGファイターズ凱旋パレード構想と併せてご紹介させていただきます。

Cg

----ファイターズのパレード構想----
 午前中は駅前通りと大通り公園をパレード。
 午後からは、豊平橋をスタートして国道36号5.6kmを札幌ドームまで凱旋パレード。札幌ドームではファイターズ選手の到着を待ちわびている43,000人ファンに優勝報告。

 今回菅原氏から提供されたCGは、日本ハムファイターズの選手が36号線中央通り7丁目近辺をパレードする仮想イメージです。 弾丸道路と呼ばれていた時代を経て、今度は、北海道に根付いたプロスポーツチームを道民全員で出迎えるウェルカムロードにするこの妙案。どうですかこの構想!ファイターズファンのみならず北海道民に元気を与えるすばらしいプランじゃありませんか!ぜひとも実現して欲しいです。

▼札幌北高24期(提案者:菅原氏の母校)
http://www5.ocn.ne.jp/~kitako24/
▼国道36号をウェルカムロードにする会
http://www.welcomeroad.com/index.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.09.21

ウィジェット

 2006年9月4日からYahoo! JAPANでウィジェットのサービスが始まった。「Yahoo!ウィジェット」・・・?「ウィジェット」ってなんだ・・・?? ランチャーみたいなものか?
 筆者にはお初の用語。早速、インストールするとともにその用語について調べました。

 平たく言うと、「ウィジェット」は電子メールやスケジュールを確認できるソフトで、Yahoo!ウィジェットは、デスクトップ上に常駐させることにより、Yahoo! JAPANが提供する検索、カレンダー、メール等のコンテンツがWebブラウザを立ち上げることなく利用できる。

【参考】
ウィジェットとは(はてなダイアリーより)
 主にデスクトップ上において、特定のランタイム環境で実行される単機能プログラムの総称。時計やカレンダー、辞書、電卓、気象情報、RSSリーダーなどがあり、ネットワークとの連携に秀でている。XMLやJavaScriptなどのオープン技術を用いており、ユーザーが自由に作成・配布できる。

 さらに、Yahoo! JAPANの当該プレスリリースには、以下のように書かれている。

 Yahoo! JAPANのサービスと連携するウィジェットを順次提供し、パソコン初心者からウィジェット開発者まで、幅広い層のお客様がYahoo! JAPANのサービスに触れていただく新しい入り口としての機能充実も図ります。

 つまり、ウィジェットにより、Yahoo! JAPANのサービス(コンテンツ)提供窓口がデスクトップ上に常に用意されていることになる。

 今回提供されたウィジェットは、検索、カレンダー、付箋等のほか地図と航空写真も提供されている。 またYahoo!ウィジェットは、技術仕様を公開しており、誰でもオリジナルのウィジェットを自由に開発でき、開発したウィジェットはYahoo! JAPANのページ上で公開・配布できるとのこと。 さらには開発者向けのコミュニティーも用意されており、今後は我々エンドユーザーがYahoo! JAPANのサービスをご自身のサイトに自由に取り込むことができる「Yahoo!デベロッパーネットワーク」などとの連携も強化するとの構想もあると発表されています。 これってWeb2.0だと思うんですよね。

 Webブラウザのツールバー(Yahoo!ツールバー、Googleツールバー等)そして、新たにウィジェットによるデスクトップへの侵攻と、検索エンジンサイトによる作業環境の利便性向上による自社サイトへの取り込み作戦は止まるところを知らない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.09.19

電通「鬼十則」に垣間見たこれからの建設業のあり方

 先週、東京で、電通「鬼十則」という本がたくさん並んでいるのを見つけた。筆者の近所の書店で探したが、ない!

 ところが、ウィキペディア(Wikipedia)にこの鬼十則が載っていた。

電通「鬼十則(じゅっそく)」

1.仕事は自ら創るべきで、与えられるべきではない。
2.仕事とは、先手先手と働きか掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3.大きな仕事と取組め! 小さな仕事は己を小さくする。
4.難しい仕事を狙え! そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5.取組んだら放すな! 殺されても放すな! 目的を完遂するまでは...。
6.周囲を引きずり回せ! 引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地の開きができる。
7.計画を持て! 長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8.自信を持て! 自信が無いから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚みすらがない。
9.頭は常に全回転、八方に気を配って、一部の隙もあってはならぬ! サービスとはそのようなものだ。
10.摩擦を怖れるな! 摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。でないと君は卑屈未練になる。

 電通マンにとっては座右の銘としているだろうこの「十則」は、いずれも含蓄のあるお言葉であることは間違いない。 筆者にとってこの中のいくつが実行可能なのか? そこが問題であるが、1と2だけは率先して実行していると自負できる。
 筆者の勤めている建設業と、電通の広告業とは、顧客や受注形態そしてビジネスモデル(プロフィットとしても)が異なることは理解できるが、これからの建設技術者とその営業担当者にとって上記「十則」を見つめてみることも大切かもしれない。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

« 2006年9月10日 - 2006年9月16日 | トップページ | 2006年9月24日 - 2006年9月30日 »