« 2006年8月20日 - 2006年8月26日 | トップページ | 2006年9月3日 - 2006年9月9日 »

2006年8月27日 - 2006年9月2日

2006.09.02

BLOGがきっかけの技術交流

 昨日午後からの安全大会では、nikumaruさんの安全講話を拝聴することができました。

 タイトルは「道路維持工事の安全対策と取り組み」←筆者が勝手に付けさせていただきました

 講話は、安全管理について、作業前の安全対策、安全施設、作業中の安全・・(中略)・・環境管理 に渡る項目についてを約40分間。その中から10個のキーワードを教えて貰いました。
P9010010 そのキーワードの一部です。
  ・あらゆる事態に対応できること
  ・アピールする気持ち(目立つ交通規制ということです)
  ・現場状況の把握
  ・お互いの連携、危険要素を減らす
                      などなど

 nikumaruさんの熱弁に、現場作業員の方をはじめ、当社の現場技術者も熱心に聞いていました。

 今回初めて行ったBLOGが縁の同業他社との技術交流。たぶん全国初の取り組みかと思います。お互いの工事の創意工夫の成果について、創意工夫の報告書を交換。お互いに提供された創意工夫を成長させましょうと固い約束もできました。今回得られた交流の輪を大切に個々の技術力向上に結びつくことを願います。

 貴重な交流をさせていただいたnikumaruさんに感謝です。

PS
安全大会後の午後7時からは、nikumaruさんとその会社の方、そして筆者と昨日の安全大会の現場代理人4名で楽しく親睦会。気がついたら全員生ビールを7杯胃袋へ。お会計は午後11時を回っていました

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006.09.01

「気づき」を大切に

 「道路工事中につきご協力を」という建設関連のBLOGサイトがあります。 管理人のnikumaruさんは、筆者の住む札幌在住の建設会社(主に道路)の課長さんです。 実はこの方のBLOG立ち上げ経緯は、筆者の交通事故がきっかけということもあり、時折メールなどで情報交換をさせていただいく一方、BLOGを通じてラブコールを送っています(笑)

 ところで、以前から同業他社との技術交流を説いてきたのですが、ついに今日それが実現します。 今日は、当社の工事の安全大会があるのですが、そこでnikumaruさんが講話をしてくれます。
nikumaruさんが僕のラブコールが察知しました。狙い撃ちです

 当社は、河川分野を得意としてますが、今日のnikumaruさんは、道路事業が専門。 今日の安全大会では、「道路工事・維持での安全対策の取り組みについてお話していただきます。 道路工事・維持での安全対策を通じて、我々が河川事業で実施している安全対策を棚卸し。 いわゆる気づきに導きたいと思います。 この気づきがとても大切です。 そのあらたな気づきの中から、も当社が施工する河川工事・維持にフィードバックできるものがあればいいなあと考えています。

 以上のような経緯を踏んだ他社の技術者との交流は全国的にも極めて稀かと思います。 
 午後からの安全大会がとても楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.08.28

工事銀座からの情報発信

 札幌市内を南北に流れる創成川。その創成川の両岸(両岸といっても創成川は運河なので周辺地盤より低い)の走る道路は、豊平川の兼用道路とJR札幌駅付近を接続するぐ市内有数の幹線道路です。

Pict4007  今、そこではアンダーパスの連続化工事が最盛期。 創成川の導水を(たぶん)半円管コルゲートで機能させ、その上を盛土して工事ヤードを確保して、地下部分の工事を着々と進行中のようです。

 その創成川通アンダーパス連続化工事は、6工区にまたがっていて、6JV共同でWEBサイトを運営しています。 共通コンテンツとして、交通規制創成川NEWS工区毎のコンテンツとしてもBLOGサイトが用意されていて各工区で工事進捗状況などを積極的に発信。

 また、創成川に架かる橋には、そのWEBサイトを紹介するカードも置いてあり、昨日そのカードを一枚貰ったのですが、カードの裏には整理番号が記されていました。 配布枚数の管理が主な目的でしょうが、それ以外にもWEBサイトと連携させた、例えば、懸賞などの試みも面白いかも。

 いずれにしろ、本州大手や道内企業がずらりと顔を並べての工事銀座なので、ビックリするような創意工夫を期待しています。

▼創成川通アンダーパス連続化工事
http://www.e-sousei.com/

Pict4006 Pict4008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月20日 - 2006年8月26日 | トップページ | 2006年9月3日 - 2006年9月9日 »