« 2006年5月14日 - 2006年5月20日 | トップページ | 2006年6月4日 - 2006年6月10日 »

2006年5月21日 - 2006年5月27日

2006.05.26

しばらくお休みします

 ご愛読者のみなさま。CALS斬りっ!管理者のだいひまじんです。

 当サイトは、管理者の交通事故入院のため、しばらくお休みさせていただきます。

 事故の経緯
 実は、5/24朝の自転車通勤途中に、私の前を走っていた自転車が、バックで歩道に上がろうとした自動車と接触し自転車が転倒、後続の私の自転車も、とっさのことで止まれ切れずに転倒しました。
 私は転倒の際に右側面部から落下しましたが、その際運悪く、先に転倒した自転車のペダルにわき腹を痛打し、肋骨2箇所の骨折という重症になってしまいました。「診断書」によると入院・安静7週間とのことです。

Photo_2

YAHOO MAP
http://map.yahoo.co.jp/print?mode=1&key=a7e1f9a08b7e15994152991&pass=da13efde82d30bf8

運営再開のめど
 今日は、転院のため、いったん自宅に戻ってカキコしています。 入院中には、いろいろと勉強して、再開時には、引き出しを満タンにしておく所存です。
 ご愛読者の皆様にはご心配をおかけしますが、幸い頭も打たずに命に別状はありませんので、復帰後は通常通りに当サイトを運営させていただきますので、それまでの期間CALS斬りっ!を休ませていただきます。 再開は、6月下旬以降を予定していますが、退院並びに病院へのPC持込がOKでしたら、それ以前にでも再開させていただきます。 当面は、闘病日記になるかもしれませんが・・・。

 わき腹が痛いだいひまじんより

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2006.05.23

北海道開発局の電子納品に関する手引きが改訂された

 CALスクエア北海道で発見!した記事について取り上げます。

 平成18年5月18日に北海道開発局の北海道開発局における電子納品に関する手引き等が改訂になりました。

 改訂されたのは、以下の文書です。
 http://www.hkd.mlit.go.jp/topics/cals_ec/frame.html

■北海道開発局における電子納品に関する手引き(案)【工事編】
■着手時協議チェックシート(工事用)
■北海道開発局における電子納品に関する手引き(案)【業務編】
■着手時協議チェックシート(業務用)

Cals_ec_1

 まだ、しっかり読んでいまないので、改訂内容の詳細説明は勘弁させていただきますが、「手引き(案)【工事編】」の目次に“4 発注準備”という項目が追加されていました。 さらさらっと読むと、下記の文言が目に付きました。

・≪34ページ≫ 紙により発注図(第2 原図含む)を提供する場合、受注者は完成図を紙で提出することができます。   ・・・中略・・・   SXF(p21)形式でないCAD データや、CAD 基準に準拠していないデータの受け渡しは電子納品の運用上認められません。

・≪35ページ≫ 電子手段で発注する場合は、納品要領に定められた発注図フォルダに図面管理ファイル及び発注図面、特記仕様書等を格納して、電子媒体に書き込み受注者に渡すこととします。

・≪36ページ≫ 発注者は、受注者に発注図CAD データを提供資料として渡す前に工事管理ファイルを作成します。 発注者は、発注者提供資料について最新の電子納品チェックシステム等によりチェックを行い納品要領等に適合していること(エラーがないこと)を確認してから、受注者に発注図を管理ファイルとともに引き渡します。

 なんと、工事管理ファイル(INDEX_C.XML)も発注者が作るように書かれています。 私は、工事管理ファイル程度でしたら請負者に作らせても良いと思うのですが、発注者が決めたルールは自ら守って欲しいと期待します。

 電子納品が悪者扱いになっているのは、発注者自らが電子納品ルールを侵しているのも一理と思っていますから 2

 今日は少々辛口コメントでした m( ..)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.05.22

GPSカメラその2

 前回のGPSカメラについては、「CALS 情報 マガジン  2006/05/20 号」で紹介されました。 CALS 情報 マガジン 編集部の皆様どうもありがとうございます。

 予想以上に反響があったので、調子に乗って第2弾の記事を書きますね。

 今回は、位置情報付きJPGを別なソフトで見る方法です。 前回は、Exif Readerでの見方を紹介しましたが、今回は、フリーソフトのカシミールを使った方法を紹介します。カシミールについては、フリーのGISソフトとしてかなり有名なので紹介は割愛します。ダウンロードや使用方法をお知りになりたい方は、カシミールの関連サイトや書籍をご覧下さい。

カシミール3D(スリーディ)入門     すぐできるカシミール3D(スリーディ)図解実例集(1(初級編))      カシミール3D(スリーディ) GPS応用編

▼カシミールでの撮影場所の表示方法

(1)エクスプローラー等で位置情報付きJPGのアイコンを表示させる。
(2)表示されたアイコンをカシミール上の地図にドラッグ&ドロップさせる。
(3)アラ不思議。地図上に表示されるカメラアイコンが撮影場所です(正しくはカメラの位置です)。
(4)カメラアイコンをクリックすると写真が表示されます。

 今回も緯度経度写真を添付します。 添付する写真は、北海道小樽市で撮影した北海道の海洋調査船です。

R0010998

 実物大のオリジナル画像をダウンロードされたらカシミール上にドラッグ&ドロップして下さい。
※撮影場所がビミョーにずれているようですが、衛星捕捉後すぐに撮影したのが原因と推測されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月14日 - 2006年5月20日 | トップページ | 2006年6月4日 - 2006年6月10日 »