« 2006年4月2日 - 2006年4月8日 | トップページ | 2006年4月16日 - 2006年4月22日 »

2006年4月9日 - 2006年4月15日

2006.04.15

システムか?それともテクノロジーか?

 木曜日に札幌で測量機器やソフトウェアを扱っている(株)岩崎さんが主催のパネルディスカッションを覗いて来ました。

お題は『CALS/ECと情報化施工の行方』

パネラー
  関西大学 教授 工学博士 田中 成典
  京都建設情報センター運営委員長 田中 隆雄 氏
  鹿島建設(株) 所長 堀川 明広 氏
  (株)トプコン販売 取締役営業本部長 江藤 隆志 氏

R0010891  パネラーの田中教授は、SXFで超著名人。 今日は、関西弁が緩かった。 その代わり、京都からお越しの田中委員長は、コテコテの関西弁でまくし立てておりました。 私も田中隆雄委員長がお勤めの日新建工でお会いしたことがあった縁で、今日もCALSの任意団体を立ち上げた旨のご報告と併せて名刺交換させて頂きました。

パネルディスカッションの論点は次の通りです。

  1. CADデータの今後の発展性と情報化施工との関連性は?
  2. CADデータの3次元化(SXFファイル LEVEL4)により、情報化施工への活用性も向上するはず!?
  3. 建設業の施工現場の現状から判断して、情報化施工の実施は可能か?また、そのために現場代理人が身に付けなければならないノウハウとは?
  4. 品質・安全・コスト削減など、どの程度メリットがあるか?
  5. 施工規模によって、メリットに影響を受けるのか?
  6. 実際の現場での実施経験(京極ダムなど)から実感されたメリット・デメリットは?
  7. 北海道ならではの使い方、メリットとは?
  8. GISデータとGPSマシンコントロールによる除雪への活用は?

 今回、筆者が着目したのは1.CADデータの今後の発展性と情報化施工との関連性。 堀川 氏@鹿島が、京極ダムの土工事を例に説明。 鹿島はIT施工のビデオも作成しており、その題材となっているのが京極ダム。 GPSによるブルや転圧機械の作業管理は日経コンストラクション等で知っていましたが、バックホウのバケットにまでGPSによる位置情報を与え、法面を仕上げ、さらに、日々の進捗状況データを出来高として現場事務所にフィードバックさせているのには驚きました。 今回のこれらに関する投資額は、2億円とのことでしたが、職員が通常の半分の20名で済むとの報告。 さらに、張張りの設置の費用が0円であることからダム工事完了までに8億円のコスト削減が期待できるとのコメントもありました。さすがです。当社もこれくらい大きければなあ・・・。

 さて、中小企業が大半の建設業においてそのようなコスト削減が可能かというと、全く無理な話ではありません。 ただし、GPSの機械が現状では1千万円もすることを考えれば、そう簡単に手を出すことはできません。
・工事評点を高得点を獲得する
・数年間で費用対効果を期待する
・同業他社に先駆けてGPS施工のノウハウを取得する
・品確法と結びつける営業を行う
簡単ではありますが、ざっと以上の観点からメリットがあると判断すれば導入もアリです。

 しかし、京極ダムのIT施工例は、あくまで測地、CAD等のテクノロジーの組合せであり、3D図面の活用を含め、CALSに求められている標準化がされているわけではありません。 IT化を活用した施工方法が標準化される必要があるかは、現段階では議論できませんが、誰にでも使えるよう標準化の旗の下にシステム化を図ることが、建設業にとって大きな財産になるような気がします。

 いずれにしろ、このような情報化を活用した工事によるノウハウの蓄積と製品の信頼性と技術の向上を進めて、早期に中小企業が使えるシステムに育てていただきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.14

北海道建設新聞でCSHの連載が始まった

 道内で当サイトをご覧の建設業の皆様へのご紹介。

 今日から北海道建設新聞社さんの紙面(第3面)にCSHのメンバーのコラムが連載されます。 既にご覧になられた方もいらっしゃるかもしれませんが、かなり大きい記事です。 しかも顔写真付きです(照)

掲 載
予定日   表  題
------------------------------------------------
4・14 道内資格者から見たCALS/EC
4・15 電子納品の現状と未来
4・18 CAD製図基準(案)導入後のCAD作図
4・21 信頼を損なう工事写真の改ざん
4・22 工事現場からの情報発信のススメ 【だいひまじん登場】

 記事は計5回の連載です。各回の執筆者が異なっており、メンバーのCALS/ECに対する想いが記事になっておりますのでご期待下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.13

資格制度開始から5年

 「建通新聞」の「こちらIT編集室」を覗いたところ、

■JACIC CALS/EC資格制度 資格登録者の役割(3月30日掲載)

                      と、題した記事を発見!

 制度を運営する日本建設情報総合センター(JACIC)でも、06年度から「電子成果品の作成」などを資格者の役割として明示。更新講習の内容も充実させ、受発注者間でRCIテキストを共有するなど、新たな取り組みを始める。

 やっと資格者を活用しようとする動きが始まるようです。 しかし、資格者制度開始から既に5年経過。 今からジローの感が拭えませんが、まあ一歩前進した点は評価できます。

 でも、資格者制度開始から既に5年経過なんです5年ですよ!
 しつこいようですが、
インストラクター試験が始まってからも4年ですよ!4年!!

 このような資格は、お上あっての資格なんです。RCCMも然りです。あまり、文句をつづると品格が下がるので今日はこの辺で。

 いずれにしろ、資格者の皆さん。柔らかな期待を持ちつつ継続講習を受けましょう!

 以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.12

簡易な施工計画が高度化してきた

 以前、総合評価方式の採点項目である簡易な施工計画について書いたことがあります。 ゼロ国から始まったこの方式は、まずは第1クール終了といったところ。 年度も明けての第2クールの開始。

 先日、一般競争入札(簡易型)の入札説明資料が手元に来た。工事は河川の堤防盛土工事。 

 今回の宿題は、丘陵堤(法勾配10割)の種子吹付け前後に発生する雨水による法面侵食の防止策について、工程管理に関する技術所見と、施工上配慮する事項の両面からの切り口でジャッジされる。
 添付資料は、盛土材料の土質試験結果とその平面図。 発注者は、その試験結果から判断する施工計画の立案を望んでいるでしょう。 添付資料から、推測するとゴク当たり前ですネ。
 しかし、工事中にできないことは書いてはいけません。 明らかな違反があった場合は、反則行為と見なされて減点対象になります。 役所にはWBCのボブ・デービッドソンのような人はいないと思うので、この辺については公平に裁かれると思います(笑)

 いずれにしろ、第2クールに入った簡易な施工計画による技術所見の提出は、入札説明書に綴られる資料も土質試験結果が盛り込まれるように今後もさらに充実し、これからますます、会社の技術力が問われる傾向に向かっていると感じた次第です。

 でもがんばっても4点。 価格には全く影響しません。   残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.11

CALSスクエア北海道

 今日の札幌はやっと平年並みの気温になるようで、3月中旬から足踏み状態だった雪融けがここに来て、一気に進みそうです。早く、桜の下でジンギスカンが食べたいです。 北海道の花見といえばジンギスカンなんです。 ビックリしたでしょ(笑) 桜の下で七輪です。

 ところで今日は、CALSの支援を目的とした任意団体「CALSスクエア北海道」の話題です。

 この団体は、JACIC認定のCALS/ECエキスパートとCALS/ECインストラクターが集まって、昨年11月に発足した団体。

▼目的並びに活動内容
 当会は、北海道における建設CALS/ECの効果的かつ健全な発展を主な目的とする。
 目標達成に際しては、会員各自が建設CALS/ECの動向を常日頃把握し、それらの情報を会員間で共有し、意見交換したものをフルに活用した支援実施により、建設CALS/EC本来の目的達成のための提案を行う。

 と、このようになっています。CALS/EC、特に電子納品による恩恵がいまひとつ(二つくらいかな?)明確になっていない、さらに紙と電子の二重納品による苦労。 本来は、有資格者が手を差し伸べてあげなければならないのですが、そんな仕組みなんて一切ナシ。 現時点では、自らから「手伝いますよ。何かわからないことがあれば聞いてくださいね。」と、PRしなければサッパリ役に立たない資格。 それがCALS/ECエキスパート&インストラクターなんです。 確か、e-Japan戦略には人材育成の強化って項目ありますよね。 建設CALS/ECに関してはこの資格がそうかと思っていました。 だって、下記の2.にきちんと項目があります。

e-Japan戦略(平成13.1.22)
高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部

---目次---

4.人材育成の強化

(1) 基本的考え方
(2) 目標
(3) 推進すべき方策

  1. 情報リテラシーの向上
  2. ITを指導する人材の育成
  3. IT技術者・研究者の育成
  4. コンテンツ・クリエイターの育成

出展 http://www.kantei.go.jp/jp/it/network/dai1/1siryou05_2.html

 まあ、資格制度やその資格者の活用方法がないとか、文句ばかり言っても全く改善される気配がないので、思い切って立ち上げてしまいました。 意を共にする資格者有志を集めて、「CALSスクエア北海道」を!
 僭越ながら私ことだいひまじんが、代表を勤めさせていただいております。私が代表になった理由は、
 ・CALS/ECエキスパートである。
 ・(当会においての)同資格者の中で年長者である。

 以上の2点です。
 従って、当会には私以上の能力のあるものも多数おります。このようにポジティブ
な有資格者の方々を結集してできたのが、「CALSスクエア北海道」です。

 先週、北海道建設新聞にて、会の設立が紹介されました。   6e094861

これから目が放されませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.10

グループウェアの活用方法

 週末は、ファイターズの応援に忙しく、カキコをサボってしまいました。 我がファイターズのライオンズ3連戦の結果は、週も明けたことなので思い切って忘れてしまうことにしましょう。 人生80年、ときにはこのような切り返しも必要です。

 さて、今日から新しい一週間が始まります。 

 先日、家入氏@日経BPからコメントを頂戴いたしました。 プロフィールを覗いたところ、アマ無線が趣味だったとのこと。 アマ無線は、ハムとも呼びます。 これも何かのお達しでしょうか。 実は、私もハムの免許を持っています。 小学生の頃は、初歩のラジオを愛読していました。 大人になったら自宅に大きなアンテナを立ててやろうと夢見ていたのですが、インターネットがあれば世界中何処とでも難しい技術や免許がなくてもコミュニケーションが取れる時代になるとは想像もできませんでした。 でも、秋葉原のパーツショップの前を通ると当時の思いが回顧できるそのような匂いがする場所です。アキバは・・・。

 今日の本題ですが、
  グループウェア (GW) の活用です。
 
GWは、使用ハードルが低くなったこともあり多くの会社が使われていることと思います。

代表的なGW機能
 ・スケジューラ
 ・電子掲示板
 ・施設予約
 ・アドレス帳
 ・ToDo機能

 これらの中で多く使われているが、スケジューラ と 電子掲示板と考えられます。

 建設CALSにおいても工事施工中の情報共有として、作成→確認→承認→保管→(将来は電子納品も)にいたる電磁的なワークフローを構築するための情報共有サービスが各社から提供されています。 これらはいずれも国交省の情報共有機能要件を満たすためにタイムスタンプにより各ワークフローが記録されるため、ストーリー重視の公共事業には、このタイムスタンプが煩わしく、今のところチョット使い辛いかもしれません。

 さて、民間レベルでは前述のようなコンテンツを用意したGWが数多く用意されています。 有名どころではサイボウズ
 当社では、ASPによる大塚商会のアルファオフィスを使用。
特長
 ・リーズナブルな価格とASPゆえの簡単さ。
 ・現場事務所や自宅からでも自由にアクセス可能。
 ・携帯電話からも会社ドメイン宛のメール閲覧・投稿、スケジュール変更が可能
 ・高いC/P。

 このGWを当社は、平成14年にFTTHへの切替えと併せて導入。 理由は、それまでのISDNによるWEB接続では、せっかく便利なGWを使ってもらえないと判断したからです。狙いは成功です。今では会社になくてはならないツールです。

     Portal

 しかし、問題が・・・・。

問題1
電子掲示板が掲載期限を過ぎると消えてしまう。

社内に通知した文書が記録(ログ)として残らないのは問題です。
 ・新入社員に対して、過去に発生した社内通達を見せられない。
 ・年度の決まった時期に発生する連絡事項を再利用できない。
 ・総じて、ナレッジツールとして全く活用できない。

問題2
スケジュールの登録時期は?登録するのは計画?実績?

 スケジュールを登録する時期については、ルール化していません。 従って、行動計画を前日に登録する者、週間計画(月曜日に会議あり)があるのに外出寸前に登録する者と、登録については、各々です。
 それと、行動実績についてですが、あまりこの点に気を付けている者は少ないような気がします。 自分の行動実績として、来訪者、打合せ等(いつ誰が来た、何処に行っただけでも)を記録しておけば数ヵ月後には重要な記録として役立ちます。 私の場合は、スケジュール管理の手帳を持たないので、オフィシャルな行動は、全てGWに登録しています。 無論、外出後並びに会議後には開始・終了時刻を実績に修正しています。その甲斐があって、その記録を利用できたことは一度や二度ではありません。 数ヵ月後に必ず役に立つ情報です。←あえて、言い切ります。

 まあ、問題点というのは何をやっても起こり得るので、徐々に階段を上がるように高度化していけばよいと私は考えます。

 最後に、ASPのGWの大きな長所。それはセキュリティーが高いこと。 社内ネットワーク上に外向けのサーバーを立てなくても良いんです。 ASPにより、工事現場事務所での来客状況や顧客検査のスケジュールが把握できます。 逆を返せば、現場事務所を含む全社員が、インターネット経由でスケジュール、電子掲示板等の情報をリアルタイムに閲覧できるので、従来の建設産業独自の問題点であった現場事務所での「孤立化」が回避できるようになりました。

 将来は、各社のGW(特にスケジュール)がXML等で連動することにより、その利用価値が飛躍的に向上すると私は予想します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年4月2日 - 2006年4月8日 | トップページ | 2006年4月16日 - 2006年4月22日 »