« デジカメプリント無料のサービスを発見 | トップページ | 『Priea(プレア)』から写真が届いた »

2006.12.16

顔が売れる

今日は週末ということで、またまたB級グルメの話題です。

話題は 

お菓子コーナーに行くとがデザインされたパッケージがたくさん陳列されています。まさしく、だらけ のデザインは売り上げに貢献するそうです。

たとえば、東鳩のパッケージはだらけです。きっとパッケージの先駆けかもしれません。筆者はそんな予感がする。

東鳩に限らず、グリコでもを売っている!
4月に撮影したプリッツのパッケージは、片面は、裏側にもチキン どっちを見てもだらけで、隙がない

Vfsh3277_2

Vfsh3278_1

次にベビースターラーメン これにはよくわからないパンダが描かれている。これも4月に撮影
Vfsh3280

最後にSHINJOの被り物 これもだがパッケージにしたら不気味 売り上げダウンはマチガイナイ
Vfsh3281

最後に発見したのことは、のお菓子の歴史は古かったということ。
R0011245 R0011246

上の写真は、東京は巣鴨から届いた「地蔵尊煎餅」 これにもいつくしみがあったのだ。

ここで結論。
商品販売数に大きく影響するパッケージ。 最近は、缶入り飲料などにもがデザインされている。 さらには「地蔵尊煎餅」 のように地蔵があしらえてあったりするお菓子もあり、地蔵=子供の守り神だというに気が付いた。 すなわち、我々大人が気づかぬうちに、子供の大好きなお菓子ととは古くから因果関係があったということ。

このことを踏まえて、スーパーやコンビニに行ったら要チェックなのだ

|

« デジカメプリント無料のサービスを発見 | トップページ | 『Priea(プレア)』から写真が届いた »

コメント

道産子が本家だと信じているらしい、谷田のきびだんごの桃太郎の顔は、十両に上がる前の若手力士のようで、おっさんじみているからカワユクない。
お菓子の背景をネット調べ、妄想し、あごの張りに象徴されるように、全体的にがっちりさせているところに、開拓魂を込めたに違いないと思い直し、納得した次第。
でも、やっぱりカワユクないぞ。

投稿: どぼん | 2006.12.16 09:04

SHINJOの被り物。  怖い。

テレビのコマーシャルでもマスコットキャラクターがあるものがよく売れるとされていますよね。
”ぴちょんくん”のエアコンも売れ行きが良いそうです。


投稿: もぐら | 2006.12.16 10:09

>どぼんさん
谷田のきびだんごの桃太郎 武蔵丸と瓜二つ。そっくりです。やはり、顔のパッケージは今に始まったことではないとの証拠としてピックアップしておきます(笑)

>もぐらさん
札幌ドームに実物が展示されています。たしかに怖いです。娘もビビッてました。

投稿: だいひまじん | 2006.12.16 15:35

「SHINJOの被り物」、これはちょっと。
地蔵尊の顔って、見たことないですね。

投稿: 主義 | 2006.12.17 23:33

>主義さん
浅草然り、こちらの地蔵尊も顔が見えないんですか?
浅草では、顔を見ると目がつぶれるそうです。「だから見た人いない」って、桃知先生がおっしゃっていました。

投稿: だいひまじん | 2006.12.18 08:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/13028725

この記事へのトラックバック一覧です: 顔が売れる:

« デジカメプリント無料のサービスを発見 | トップページ | 『Priea(プレア)』から写真が届いた »