« 人間の能力 | トップページ | サッポロでホワイトクリスマスを楽しむ方法 »

2006.12.23

サンタがやってくる

 小学生の2人に1人がサンタクロースの存在を信じている。 これは今年11月に首都圏で行った調査結果です。

 サンタクロースを信じている 男子49.9%、女子51.9%

 「信じている」の学年別内訳 1~3年生72.0%、4~6年生27.7%

 「信じている」の変化具合 男子 2年生74.4% → 3年生48.7%
                   女子 3年生64.1% → 4年生35.0%

 アンケートの結果、男子は3年生、女子は4年生になるとサンタ信じ度が急降下。 兄姉がいる子供ほど早い時期にサンタ=父母の図式にたどり着いています。

 小3女子の父親として筆者は、今年もサンタがやってきたと信じさせる一工夫(ベランダに足あとをつける等)も必要。 でも、そろそろサンタの存在に疑問符を持って成長して欲しいのも親心。 イブの夜は一人で寝ると宣言している娘。 この機会に少しずつ親離れして欲しいと思うのであった。

 今年のサンタさんからのプレゼントはこれです。

|

« 人間の能力 | トップページ | サッポロでホワイトクリスマスを楽しむ方法 »

コメント

我が家は例年「親」からのプレゼントと「サンタ」からのプレゼント、2つのプレゼントがあります。

なので、18才の長男までサンタを信じています。

「今年は親には○○が欲しい、それとサンタには△△を頼んでおいて!」

これは全て嫁が悪い・・・。

投稿: nikumaru | 2006.12.23 16:50

>nikumaruさん
我が家も「親」と「サンタ」両方からプレゼントされます。サンタさんには高価なもの、親には手ごろなものを頼んでいます。
自分が子供の頃は親からのプレゼントはなかったような気がします。
>これは全て嫁が悪い・・・。
怖くて単刀直入には書けません^^;

投稿: だいひまじん | 2006.12.23 21:04

我が家は中1、小3、小1といますが、中1はもう5年生でサンタの実態を知ってしまいました。
通常は夜ですが、時たま昼玄関先に置いて行かれたこともあります。

以前2年間保育所にサンタの姿で参上したときは、訳の分からない英語をしゃべったせいか、子どもは誰一人とも私だと気づきませんでした。

投稿: もぐら | 2006.12.23 21:48

> もぐらさん
ユーミンの歌では「今夜 8時になれば サンタが家にやって来る」そうです。それが、昼間に玄関とは・・・。娘がサンタを怪しむようになれば不意をついて昼間に置いてみますね。

それと、我が家ではサンタさんに飲み物、食べ物を用意(まるでお供え?)しています。サンタさんはお礼を英語でサインして帰るようです(笑)

投稿: だいひまじん | 2006.12.24 07:24

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/13153785

この記事へのトラックバック一覧です: サンタがやってくる:

« 人間の能力 | トップページ | サッポロでホワイトクリスマスを楽しむ方法 »