« ばばあのレストラン | トップページ | 佐呂間竜巻から3週間 書類の復旧具合が気になる »

2006.11.27

コンセントからインターネットへ

 かねてから開発が進められていたPLC(高速電力線通信)。 家庭内の電気コンセントからインターネットへの接続ができる夢のような技術。 

 そのPLC技術がついにお茶の間へ。
 高速電力通信接続機器(PLCアダプター)が12月9日に発売される。

 家電のネットワーク化も現実に。 IPV6の活用インフラが整ったか!

 日経パソコン(2006.11.27)でもPLCアダプター発売(パナソニック製)の記事が掲載されており、要約すると以下のようになる。

Plc

・親機・子機セットの想定実勢価格は約2万円。
・家庭内の電力配線を使用するため、一般家庭内なら新しい配線は不要。
・PLCアダプターは初期設定がほぼ不要の簡便さが売り。

速度
・実効速度31.2Mbps(室内の同一コンセントに2台のPLCアダプターを接続し100MBのファイルの転送を3度行った平均値)
・30.8Mbps(離れた2部屋のコンセントに各1台接続し同様のファイルを転送。コンセント間直線距離20m)

速度が遅くなる場合
・ノイズフィルターや雷サージ機能が付いた電源タップが接続されている。
・携帯電話などの充電器が接続されている。

 ここで、問題点だが、宅内の電力線のどこかに充電器がつながっているだけでも実効速度に影響が出る模様。 この実験の場合、携帯電話充電器が室内に接続されているだけで、11.9Mbpsにまで低下している。 さらには、充電器ばかりでなく、パソコンの周辺機器に必要なACアダプターも、ノイズ発生源として悪さをするらしい。

 では、どの程度の実効速度が期待できるのか? パソコン作動中に必要なACアダプターは、家庭用電話機など家庭内で多数使用されていることから、現実的には無線LAN程度の実効速度(当実験ではIEEE 802.11gで8.6Mbps)程度を期待した方がよさそうだ。

 いずれにしろ、家庭内の白物家電をネットへ簡便に接続するため も、この技術を十分活用されることには間違いない。

|

« ばばあのレストラン | トップページ | 佐呂間竜巻から3週間 書類の復旧具合が気になる »

コメント

PLCは,屋内限定ですし,速度が出ません。せいぜい2Mbpsであると,開発をしているパナソニックの方が総務省の会議で発言しています。
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/policyreports/joho_tsusin/cispr/pdf/060522_1.pdf
の3ページ,「日立の実験では・・・」のところを読んでください。しかも条件が悪ければ通信できない,とも。

ノイズ問題も解決されず,見切り発車しました。ところが松下電器は,アマチュア無線と日経ラジオの周波数だけは使わないような姑息なやり方を取った。妨害が起きるからです。

投稿: PLCはねぇ | 2006.11.27 08:03

色々と議論されているようですが、安定した性能と同時に安全性も担保して欲しいですね。
ぜひ宅内で利用してみたいと思います。
これは企業ユース向けではないでしょう。

投稿: カルゴン | 2006.11.28 10:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/12806937

この記事へのトラックバック一覧です: コンセントからインターネットへ:

» 厚生労働省からも指摘 電力線通信 PLC [野々村の色々]
電力線通信、PLCの危険性を厚生労働省が総務省と日本医師会に通知しました。「1.PLC機器による医療機器への影響が完全には否定できず、医療機器によっては誤作動を生じさせるおそれがあること、医療機関及び居宅等の環境下においてPLC機器と医療機器を併用する場合には安全対策上の措置を講ずるべきことについて、取扱説明書等の媒体を用いてPLC機器の購入者等に周知されるようにすること。 2.購入者等からPLC機器と医療機器の併用時における医療機器の誤作動に関する情報を得た場合には、速やかに厚生労働省に報告され... [続きを読む]

受信: 2006.11.27 10:15

» FON、無線LAN共有でツクモやエキサイトと提携! [今日の気になるニュース@総合]
FON創業者でCEOのマーティン・バーサフスキ氏 無線LANを登録ユーザー同士でを共有するプロジェクト「FON」を日本で展開するフォン・ジャパンが本格的に始動します。 専用ルータのネット販売が12月5日に開始され、九十九電機やエキサイトとも提携して、認知拡大とユーザー獲得に注力します。 このFONはスペインで始まったプロジェクトで、ユーザーは自宅の無線LANアクセスポイント(AP)を開放する代わりに、他の�... [続きを読む]

受信: 2006.12.08 15:27

« ばばあのレストラン | トップページ | 佐呂間竜巻から3週間 書類の復旧具合が気になる »