« 北海道はハムで盛り上がっている | トップページ | 今日も道内のネタ »

2006.10.11

GPSカメラで山登りの記憶を残す手法

 先週のSONY GPSユニットの記事の反響が大きかったため、今日もGPS JPEGの続きを書かせていただきます。

 今日は、将来を見据えた簡単な活用編。

 実は、2年ほど前からGPS付きデジカメを使ってプライベートな活用事例を模索していました。 深く研究したわけではありませんが、普段手軽に撮影している家族のスナップ写真緯度経度を付加することは、比較的わかりやすいGPS JPEGの活用事例だと思いますので、我が家での活用事例を簡単に紹介させていただきます。

 緯度経度付きJPEG は、遊びに行った場所を後々回顧する家庭用コンテンツとしてはすばらしい効果を発揮します。 近い将来には、位置情報付きJPEGでの撮影位置閲覧がもっと簡単にしかも手軽になるでしょう。 パソコンで地図を開けば、撮影場所とその時の思い出がぎっしり詰まっている。 それは家族にとって永遠に保存されます。 その将来のXデイの準備として今からGPS JPEGで写真を撮っておくことが必要なんです。

 今日は4年ほど前から、私が実験的に撮影したGPS JPEGの一部を紹介します(GPSカメラは使ってみなければ、将来に向けた位置情報の価値はわからないと言い切れます!)

 下の写真は、当サイトによく遊びに来られる温泉マンさん一押しのトムラウシ温泉近くのビューポイントで撮影したものです。天空のロケーションもよく地図上での撮影位置も問題なしです。

05020009_1_3
撮影日2004.05.02▼撮影位置(マピオン)
http://www.mapion.co.jp/c/f?nl=43/26/27.274&uc=1&grp=all&el=142/52/37.205

 下の写真は、藻岩山山頂で撮影。 測量基準点近くで撮影しました。 パネルの基準点内容と誤差があります。 山頂なので天空ロケーションは全く問題ありませんが、誤差発生理由は私の知識不足でわかりません。
05180062
撮影日2003.05.18▼撮影位置(マピオン)
http://www.mapion.co.jp/c/f?nl=43/1/11.376&uc=1&grp=all&el=141/19/34.297

 最後の写真は、同じ藻岩山の登山道での撮影。 天空のロケーションは撮影場所によりかなり異なりますが、この写真は登山ルート上にピッタリ載っています。 この時撮影した登山写真には、GPSロケーションが悪い地点では、登山ルートから外れて記録されている写真も数枚ありました。
05180043
撮影日2003.05.18▼撮影位置(マピオン)
http://www.mapion.co.jp/c/f?nl=43/1/12.776&uc=1&grp=all&el=141/19/29.897

私的考察
 今回は、ドライブと登山をGPS JPEGの撮影事例として紹介しましたが、要所でGPS 撮影をすることによって、写真の撮影画像と撮影位置のマッチングが容易ですし、「この写真どこで撮ったっけ?」なんていう地理の浅い場所での旅行を後々、トレースすることも簡単な、将来を見据えた家庭コンテンツとしてのGPS JPEGは非常に興味が持たれます

|

« 北海道はハムで盛り上がっている | トップページ | 今日も道内のネタ »

コメント

温泉歩きの途中、ふと良い景色に遭遇し写真を1枚。
なんて事は結構多いのですが、後になってどこで撮影したのかわからない場合が良くある事です。

こんな時はGPSカメラですね。

だいひまじんさんが最近の記事で紹介いただいた安価なGPSユニットでも買って、今後の写真整理に役立てたいと考えています。

だいひまじんさんもトムラウシ温泉に行かれた事あるんですね。

ちなみに現在は鉄筋コンクリート4階建てですが、以前の木造時代にも行かれているのでしょうか。

投稿: 温泉マン | 2006.10.11 12:14

>温泉マンさん
木造時代にも行ったことがあります。
作家の椎名誠さんも自書の中でトムラウシ温泉を紹介しています。"風呂上りに期待していたビールがとてもぬるくて、おまけに部屋に蟻が這っていたって"。でもそれは20年以上前の木造時代の話で、今のRC造りではそのようなことはありません。
それと昭和の末期ですが、この付近の現場にはよく通っていました。熊の巣みたいなところなので、びくびくしながら現場やってましたヨ(笑) トムラウシに行く途中の武藤さんが熊打ちの名手で、時々、勝毎に載ってたのを覚えています。

投稿: だいひまじん | 2006.10.11 12:29

トムラウシ温泉近くの現場に行かれていた事があるんですね。
だいひまじんさんもブログから拝見するとかなりのアウトドア派とお見受けしております。
木造時代、冬は部屋から浴槽迄の渡り廊下はかなり寒かった記憶があります。
ほとんど混浴状態の露天風呂は最高でした。

以前、支配人から聞いた事がありますが、確か今建ってい宿の場所に、もう一件宿があったそうです。
帯広本社の会社で、秘湯ブーム前に閉鎖になってしまったとの事です。
そういえば、その跡地からお湯だけ沸いていた気がします。


投稿: 温泉マン | 2006.10.11 16:10

はじめまして。岩手の小田島と申します。
私は位置情報つき画像を道路管理に応用したサービスを展開しています。良かったら、ご覧になってください。
ちなみに、私は写真の緯度経度の測地系を変えたり単位系を変えたりできるソフトを持っています。興味があれば、連絡をください。
最近はリコーさんからもGPSカメラが出ました。私のブログでも取り上げております。

投稿: 小田島直樹 | 2006.10.14 16:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/12151744

この記事へのトラックバック一覧です: GPSカメラで山登りの記憶を残す手法:

» W52T 使いこなしレポート(GPS付きデジカメ) [現場主義 (建設現場情報サイト)]
W52Tの建設業使いこなしレポート第1弾、「GPS付きカメラ」。 ご存知の通り、NTTDoCoMoとは違い、auの携帯電 [続きを読む]

受信: 2007.02.26 12:42

« 北海道はハムで盛り上がっている | トップページ | 今日も道内のネタ »