« 電通「鬼十則」に垣間見たこれからの建設業のあり方 | トップページ | 国道36号線を凱旋パレード »

2006.09.21

ウィジェット

 2006年9月4日からYahoo! JAPANでウィジェットのサービスが始まった。「Yahoo!ウィジェット」・・・?「ウィジェット」ってなんだ・・・?? ランチャーみたいなものか?
 筆者にはお初の用語。早速、インストールするとともにその用語について調べました。

 平たく言うと、「ウィジェット」は電子メールやスケジュールを確認できるソフトで、Yahoo!ウィジェットは、デスクトップ上に常駐させることにより、Yahoo! JAPANが提供する検索、カレンダー、メール等のコンテンツがWebブラウザを立ち上げることなく利用できる。

【参考】
ウィジェットとは(はてなダイアリーより)
 主にデスクトップ上において、特定のランタイム環境で実行される単機能プログラムの総称。時計やカレンダー、辞書、電卓、気象情報、RSSリーダーなどがあり、ネットワークとの連携に秀でている。XMLやJavaScriptなどのオープン技術を用いており、ユーザーが自由に作成・配布できる。

 さらに、Yahoo! JAPANの当該プレスリリースには、以下のように書かれている。

 Yahoo! JAPANのサービスと連携するウィジェットを順次提供し、パソコン初心者からウィジェット開発者まで、幅広い層のお客様がYahoo! JAPANのサービスに触れていただく新しい入り口としての機能充実も図ります。

 つまり、ウィジェットにより、Yahoo! JAPANのサービス(コンテンツ)提供窓口がデスクトップ上に常に用意されていることになる。

 今回提供されたウィジェットは、検索、カレンダー、付箋等のほか地図と航空写真も提供されている。 またYahoo!ウィジェットは、技術仕様を公開しており、誰でもオリジナルのウィジェットを自由に開発でき、開発したウィジェットはYahoo! JAPANのページ上で公開・配布できるとのこと。 さらには開発者向けのコミュニティーも用意されており、今後は我々エンドユーザーがYahoo! JAPANのサービスをご自身のサイトに自由に取り込むことができる「Yahoo!デベロッパーネットワーク」などとの連携も強化するとの構想もあると発表されています。 これってWeb2.0だと思うんですよね。

 Webブラウザのツールバー(Yahoo!ツールバー、Googleツールバー等)そして、新たにウィジェットによるデスクトップへの侵攻と、検索エンジンサイトによる作業環境の利便性向上による自社サイトへの取り込み作戦は止まるところを知らない。

|

« 電通「鬼十則」に垣間見たこれからの建設業のあり方 | トップページ | 国道36号線を凱旋パレード »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/11939919

この記事へのトラックバック一覧です: ウィジェット:

» 面白そうなもの-Yahoo!ウィジェット [Adec'K]
 「CALS斬り!」さんが「Yahoo!ウィジェット」の記事を書いていらっしゃいました。    詳しくは → 「ウィジェット」  面白そうなので、早速インストしました。  役に立ちそうな「カレンダー」と「付箋」を... [続きを読む]

受信: 2006.09.23 15:16

« 電通「鬼十則」に垣間見たこれからの建設業のあり方 | トップページ | 国道36号線を凱旋パレード »