« CALS/EC資格の登録更新講習会 | トップページ | 電通「鬼十則」に垣間見たこれからの建設業のあり方 »

2006.09.13

来春CORINS/TECRISがリニューアルされる

Jacic_news20069  JACIC news2006年9月号によると、CORINS/TECRISのシステムが2007年5月にリニューアルされるとのこと。 今日はその記事について筆者なりの期待をこめてサラッとコメントさせていただきます。

主な変更点
(太字はJACIC NEWSから引用。但し、括弧番号は独自付番)

(1)検索方式をクライアントサーバ方式からWeb方式へ移行

(2)カルテ作成方法をスタンドアロン方式からWeb方式へ移行

▼筆者のコメント
 (1)、(2)は、汎用のWEBブラウザから検索、作成が可能になるようです。すなわち登録に際しては従来使用していた専用ソフトが不要。 ついにCORINS/TECRIS登録のASP化が実現します。
 更には”作成時の支援機能として、登録済みカルテデータの活用や一次保存機能等、利便性の高い機能の充実を図る”とのこと。この付加機能にも期待しましょう。

(3)FDによる登録はリニューアル後1年で廃止します。申請手続きのワンストップ化を強化。

▼筆者のコメント
 ”即日、カルテ作成機能等の利用や検索利用等が条件付きではありますが可能となります。”とも紹介されています。 インターネットのオンライン利用申請手続きで、利用者IDとパスワードが発行されるのかもしれません。

(4)インターネット利用時のセキュリティ方式を変更
利用にあたっての環境設定を簡素化します。

(5)カルテデータフォーマットの公開
JACICへ登録して頂くカルテデータと、各社が独自で開発・運用されているシステム間における情報連携が容易となります。

▼筆者のコメント
 (4)については、カルテデータがXML化されるのでしょうか? それともCSV or TXTデータでしょうか? やはりXML化が本命でしょう! いずれにしろデータベースを構築している会社にとってはCORINS/TECRISデータとのシームレスな情報交換がより一層簡便になると思います。

 CORINS発足当初は、FDの郵送若しくはパソコン通信による伝送により登録していました。 今は、工事登録と受領書の受信がインターネット利用となりましたが、未だにFDによるデータ取得が必要でなんとも歯がゆい現状でした。
 これら問題点は、来週のシステムリニューアルにより一気に解決されそうです。期待しましょう。

|

« CALS/EC資格の登録更新講習会 | トップページ | 電通「鬼十則」に垣間見たこれからの建設業のあり方 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/11853930

この記事へのトラックバック一覧です: 来春CORINS/TECRISがリニューアルされる:

« CALS/EC資格の登録更新講習会 | トップページ | 電通「鬼十則」に垣間見たこれからの建設業のあり方 »