« ご心配をおかけしております | トップページ | 札幌の建設ブロガーが増えました »

2006.06.13

Web2.0とは

 先日の事故の経過報告をカキコする度に、多数の激励を頂き、このサイトも多くの方々に支えられているのだなぁ・・・。と、しみじみと感じています。 改めて御礼申し上げます。

 ところで、筆者の体調ですが、2日前から急激に回復傾向になってきたので、天気の良い今日は体力回復のために近くの市立図書館まで(徒歩5分)行ってきました。 近所に図書館があるというのはすごく便利です。 ここの図書館には、雑誌も置いてあり情報収集にはとても便利な場所ですし、最新号以外の雑誌は借りることもできます。 札幌市の場合、今年度から一度に借りられる本が10冊に増えました。 以前の4冊と比べると2.5倍です。 でも10冊も借りて返却日の2週間後までに全てを読むことはできませんし、目を通すだけでもかなり難しいです。 現実的には6冊が限度かもしれません。 ただし、予約が入っていない場合は、1回のみ延長可能です。

 本題に入ります。
 今日、図書館でPC系の雑誌を見ていたところ、Web2.0という言葉に目が止まりました。
 そういえば、WEB2.0って最近よく聞くなぁ・・・!?。 帰宅後、RSSリーダーを見ると、「建設業のための考える技術セミナー -Web2.0時代の建設業とIT化-」と題した更新あり。 主催は、浅草のピーチ姫です。

 「あれ、Web2.0って結構旬な用語だなあ。」を思いつつ、今度はYAHOO!で検索。 とりあえず上位に検索されたサイトが、これです↓

 Web1.5 http://blogs.itmedia.co.jp/web15/2005/08/web20_8a41.html

 まだ、Web2.0についての私見は、不勉強な身のため控えさせていただきますが、インターネットが一般的に使われだして約10年。 その間、黎明期にはWeb1.0と呼ばれる静的サイト(今でもこれが主流かもしれない)から始まり、BLOGに代表されるようなWeb1.5を経て、今後は、Web2.0による新たな世界観が構築されるのは間違いないでしょう。
 その証拠として、すでにgooglezon(グーグルゾン)のような新たなビジネスモデルが現れてきています。 あなたも知らない間にそのビジネスモデルの中に身を委ねているかもしれません。

関連用語
google
・ amazon.co.jp

   

|

« ご心配をおかけしております | トップページ | 札幌の建設ブロガーが増えました »

コメント

私、何も考えずにセミナーに応募していました・・。
難しそうな話だったのですね・・ついていけるかしら?
とりあえず今からWeb2.0について予習しておきます。
でも・・・理解できなさそうです(T0T)

投稿: nikumaru | 2006.06.14 17:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/10507501

この記事へのトラックバック一覧です: Web2.0とは:

« ご心配をおかけしております | トップページ | 札幌の建設ブロガーが増えました »