« 昨日から出勤しています | トップページ | 現場編集長が大変身 »

2006.06.22

EXCEL2007のセル数が飛躍的に増加

 来年早々にOffice2007がリリースされます。 ユーザーインターフェイスの大幅な変更やファイル形式のXML化(Word:docx、Excel:xlsx、PowerPoint:pptx)が主な特徴ですが、その他に、ナンとExcelのシートサイズが、104万8576行×1万6384行と飛躍的に拡大。 現行の6万5536行×256行のなんと16倍×64倍です。 ただの表計算ソフトとして使用するには余りあるセル数。

カレントセルの場所がわからなくなるほどの巨大なワークシートです。くれぐれも迷子に御用心!

 過去の日経コンストラクション2005年6-24(No378)には、Excelのオートシェイプを駆使して技術提案書を作成されている方を紹介されていました。 今回の2007では、セルの数が一挙に1,024倍の171億7986万9184個となった今、ただの表計算として利用するのはもったいない。

 例えば、国土地理院の数値地図25000の標高メッシュをExcelにより活用することも可能と思われます。どなたかトライされている方いらっしゃいますか?

|

« 昨日から出勤しています | トップページ | 現場編集長が大変身 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/10633348

この記事へのトラックバック一覧です: EXCEL2007のセル数が飛躍的に増加:

« 昨日から出勤しています | トップページ | 現場編集長が大変身 »