« 施工計画書の目次階層 | トップページ | マルチコンポーネント利益モデル »

2006.04.01

プロフィット

 今日は、お休みなので少々俗的なお話を・・・。

 先日、札幌コンベンションセンターでペットボトル入りのウォーター「さっぽろの水」が提供された。 中身は札幌市水道局の水である。 以前、札幌の水道水がペットで売られていると耳にしていたが、今回初めて飲んだ。 普通の水である。 しかし、某地方のシモから出た汚水を浄化している水道水とは雲泥の差がある。 高品質な のは間違いない。
 値段は1本120円(0.5リットル)と記憶している。だろう。 水道の蛇口から出る水と同じものと考えると同じ水道水でもずいぶんと高いと思い、水道料金を調べてみた。

 我家の場合、月25000リットル(25立米)使用した場合、0.10866円(0.5リットル)となる。 口に入れば同じ水道水でも商品の付加価値によっては、値段が1104倍にも変化するのである。 このような利益パターンを「マルチコンポーネント利益モデル」と称する。代表格としてはコカコーラが有名である。 今の話と結びつくでしょ~~。

 今日は、この辺で、続きは次回以降にしよう。

▼札幌市水道局
http://www.city.sapporo.jp/suido/

Imgb74f1ff0f4310s

|

« 施工計画書の目次階層 | トップページ | マルチコンポーネント利益モデル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/9364804

この記事へのトラックバック一覧です: プロフィット:

« 施工計画書の目次階層 | トップページ | マルチコンポーネント利益モデル »