« 地域再生フォーラムIIIのコメントがアップされていました | トップページ | CALS/ECアクションプログラム2005が発表されました »

2006.03.16

SXF納品の強要&SXF基礎知識

 電子納品のお手伝いをさせていただく際に、多くの方々がSXFへの対応に苦慮されているます。

 一番の問題は、発注者からSXF形式を提供されていないにもかかわらず、SXF形式での電子納品を強要されるパターンが目立つことです(あえて強要と書かせていただきました。なぜなら「CAD製図基準に関する運用ガイドライン(案)H17.8」に準拠していない指示が出されているからです)。

 私が事前協議チェックシートの案を作成して、クライアントに渡す場合は、SXFでの納品義務がないことをよ~く説明します。しかし、大抵の方は、協議で負けて帰ってきます(;´Д`)  いわゆる請け負けが発生しています。

 電子納品でSXFの完成図を提出することは、S(調査・測量)→D(設計)→C(施工)→M(維持管理)のライフサイクルを通じての情報伝達には必要なことです。従って、どうしても発注者がSXF納品をさせる場合には、関東地整の「工事完成時における電子納品に関する当面の対応について」に記載されているように作成費用を計上することが肝要だと思います。

おまけ

SXFの基礎知識を学びたい方は下記サイトを覗かれると良いでしょう。

SXF入門(全5回)
 5. SXFの利用環境(2006年2月3日)
 4. SXFによるデータ交換(2006年1月16日)
 3. SXFに関連する団体や規格(2005年12月22日)
 2. SXFの開発レベル(2005年11月15日)
 1. SXFとは(2005年10月25日)
            (関西大学 総合情報学部  田中成典教授)

添付ファイル入手先:国交省 国総研
※添付ファイルは当記事関連箇所のみ抜粋したものです。全文をご覧になる際は、上記サイトをご利用下さい。

「cadh17.8抜粋.pdf」をダウンロード

|

« 地域再生フォーラムIIIのコメントがアップされていました | トップページ | CALS/ECアクションプログラム2005が発表されました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/9108532

この記事へのトラックバック一覧です: SXF納品の強要&SXF基礎知識:

« 地域再生フォーラムIIIのコメントがアップされていました | トップページ | CALS/ECアクションプログラム2005が発表されました »