« 工事現場で発生する電子ファイルを外部で保管する効果 | トップページ | Visioを協力に支援するサイトの紹介 »

2006.02.23

安価なVPN

 昨日は、「工事現場で発生する電子ファイルを外部で保管しましょう。」と、提案しました。しかし、実際どのような方法があるのでしょうか?

 方法については、いくつかあります。一つ目は、インターネット・データセンター(iDC)の利用。この方法は、強固なサーバー環境が魅力だと思います。料金を含めて様々なサービスがありますので興味のある方は調べて下さい。

 二つ目は、お勤め先のファイルサーバー利用によるVPNVirtual Private Network)。 これは昨年度当社の工事現場で実際に使用しました。
 使用したのはフレッツ・グループアクセス ライト。本社と現場の2箇所で月々のランニングコストがたったの1,470円!驚愕の安さ。ハイコストパフォーマンスが実現できます。利用条件としては、両者ともフレッツ契約をしていること。さらにデュアルポートのルーターが必要となりますが、フレッツ網内でのVPNとなり、インターネット網からの攻撃リスクは少ないと思われます。しかしもこの低額料金。

 フレッツ・グループアクセスは、NTT東日本エリア注1)のフレッツ・アクセスサービス( Bフレッツ注2)、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDN )ご利用者間でプライベートグループを構成し、グループに登録されたメンバー間でのIP通信を可能とするサービスです。本サービスをご利用の際は、毎月定額のご利用料金注3)でご利用いただけます。フレッツ・アクセスサービスご利用間であれば、本サービスを利用して手軽にプライベートネットワークを構築できます。
フレッツ・グループアクセスとは?
(出典http://flets.com/groupaccess/s_outline.html
 フレッツ・グループアクセスは、NTT東日本エリア注1)のフレッツ・アクセスサービス( Bフレッツ注2)、フレッツ・ADSL、フレッツ・ISDN )ご利用者間でプライベートグループを構成し、グループに登録されたメンバー間でのIP通信を可能とするサービスです。本サービスをご利用の際は、毎月定額のご利用料金注3)でご利用いただけます。フレッツ・アクセスサービスご利用間であれば、本サービスを利用して手軽にプライベートネットワークを構築できます。

otga014_01 

 一度お試しされたらいかがでしょうか。これまで高嶺の花だったVPNとRASが容易にしかも安価で実現できる画期的なサービスです。

|

« 工事現場で発生する電子ファイルを外部で保管する効果 | トップページ | Visioを協力に支援するサイトの紹介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/8735783

この記事へのトラックバック一覧です: 安価なVPN:

« 工事現場で発生する電子ファイルを外部で保管する効果 | トップページ | Visioを協力に支援するサイトの紹介 »