« ◆H18.1.30 電子納品チェックシステムがバージョンアップしました。 | トップページ | 少なすぎる出席者 マンション管理組合総会 »

2006.02.17

旭川でISO活用工事の説明会聞いてきました

 昨日は、旭川に行ってきました。ISO9001活用工事の説明会聴講が目的です。

 13:30~16:30間で休憩10分を挟んで約3時間。前半のISO9001の説明は少々zzz。体調良くありません。少々風邪気味。昨晩は風邪退治と思い、鶏のニンニク焼き、鶏のたたき等を芋焼酎お湯割りで流し込んで栄養補給したのでしたが、あえなく失敗でした。

 後半の運用説明会。今回は一昨年の説明会に続き2回目の参加でしたので数歩進んだ具体的な説明がされていました。ただ、一つ疑問なのが、社内検査の扱いです。現場組織での検査結果の報告=段階確認(机上)となる運用方法と理解しています。従って、現場での検査のステイタスが増す中で、現在実施している社内検査のポジションはどう考えればよいのか少々不明でした。たぶん従来通り社内検査は行うかと思いますが(工事評点の関係もあるので)。それと品質証明員(工事仕様書に記載されていますが、今まで特記仕様書で明示されたことはありません)の役割ですが、社内検査員として工事の品質を保証する、すなわち従来の社内検査員の位置付けなると理解して聞いてきました。

 ISO活用工事として申請可能だよ。と、特記仕様書に明示された場合、品質証明員の任命についても示されるような気がします。

 以上、説明会での講和を私なりに解釈したコメントです。実際にISO活用に携わった方が見られていれば、ご指導いただけるとありがたいです。

 資料はこちら(北海道開発局)
 http://www.hkd.mlit.go.jp/zigyoka/z_jigyou/kouji/iso/siryou.html

VFSH0124

|

« ◆H18.1.30 電子納品チェックシステムがバージョンアップしました。 | トップページ | 少なすぎる出席者 マンション管理組合総会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/8709483

この記事へのトラックバック一覧です: 旭川でISO活用工事の説明会聞いてきました:

« ◆H18.1.30 電子納品チェックシステムがバージョンアップしました。 | トップページ | 少なすぎる出席者 マンション管理組合総会 »