« グローバル・ハウスで万年時計を見た | トップページ | 羊蹄山の魅力に脱帽 »

2005.06.23

バイオ・ラングはスゴカッタ

PICT1868PICT1867PICT1869






今年の4月頃、日経コンストラクションの表紙に巨大緑化壁(バイオ・ラング)の写真が載っていました。このバイオ・ラングも万博で見たかった施設の一つです。遠くから見ても怪しい、木の根っこがぶら下がったやぐら。

 サツキとメイの家に行く時にここを通過。小雨の中、壁の間を歩きましたが、非常に心地良かった。壁に緑化材を固定する方法は、以前見たことがありますが、ここのは高さ、延長ともスケールが違う。

 通過する際は、ただ気持ちのよさが先行。なぜなんでしょうね。一種の森林浴の気分があったのも事実。

 土木技術者には必見の施設。 キーワードは、環境。

バイオラングとは、

 地球温暖化など、深刻な環境問題に歯止めをかける、「バイオラング」。花や緑で埋め尽くされた巨大な緑化壁で、その植物の力によって二酸化炭素の吸収・酸素の供給、夏期の気温の低減など、都市生活環境の改善や環境負荷の軽減を図ります。
 出典 http://www.expo2005.or.jp/jp/C0/C3/C3.5/C3.5.6/

|

« グローバル・ハウスで万年時計を見た | トップページ | 羊蹄山の魅力に脱帽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/4676336

この記事へのトラックバック一覧です: バイオ・ラングはスゴカッタ:

« グローバル・ハウスで万年時計を見た | トップページ | 羊蹄山の魅力に脱帽 »