« 札幌シティガイド検定受けました | トップページ | 串鳥について語る »

2005.03.03

情報の価値とは?情報が見えるについて語る

情報が見える能力『桃論」の
 情報が見える能力

 「バカの壁」流にいえば、
 「脳内の一次方程式」

    y= ax

aという係数=「現実の重み」(養老猛司)
社会的知性=信頼=信頼性(山岸俊男)
マリアビリティ(環境変化適応能力)
 流動的知性
出典:http://www.momoti.com/data/down.htm#050227
----------------------------------------------

以上のように桃知先生が講演会の度に言われております。桃知先生のセミナー難しくて、ほんの一握りの内容しか理解できませんが、この方程式は、それなりに理解しているつもり。

目の前を通り過ぎる情報を見過ごしてしまうのか?または、その情報にシャブリついて自分にとって価値ある物に変化させるのか?情報は、得るものか得られるものか?プルかプッシュか?やぱっりプルかな僕の場合・・・。
凡人と成功者の大きな違いはココなんでしょうねぇ。もちろん行動力も大切です。これらの条件を満たして、最近秀でているのは、ホリエモンでしょう。

 僕も何とかしなければ・・・(汗)

|

« 札幌シティガイド検定受けました | トップページ | 串鳥について語る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/3157060

この記事へのトラックバック一覧です: 情報の価値とは?情報が見えるについて語る:

« 札幌シティガイド検定受けました | トップページ | 串鳥について語る »