« 森林公園温泉を語る | トップページ | やすらぎの湯 北のたまゆらについて特別に語る! »

2005.01.14

H16技術士第一次試験(建設)について語る

北海道空知郡北村 「-10℃の樹氷」 本日(H16.1.14)平成16年度技術士第一次試験の合格者が、発表になりました。僕も建設技術者のはしくれとして、受験しました。

  結果↓↓↓ 


   「合格」!  パチパチ(拍手です)
  外出先から帰社すると同僚から教えてもらいました。


 2回目でやっと合格です。     昨年度は、不合格    ←残念っ(涙)

◎合格への道
 今回は、昨年と比較して適正科目の設問が、素直になったのが勝因だと思います。共通科目、専門科目は、昨年度も合格ラインを超えていたので、今回は、適正科目一筋で試験直前ですが3日ほど真剣に勉強しました。もちろん家族の協力も必要です。ちょうど、東京から妻の友達が遊びに来ていたので、「勝手にあそんでてネ!」でした。
 共通科目、専門科目は、試験数ヶ月前から急に勉強しても出題範囲が広すぎるため、対応が難しいと感じていますし、昨年点数が稼げたことに気を良くしていたので、無勉強でした。とにかく今年は、適正科目、適正科目、適正科目、適正科目、適正科目・・・・・ 親のカタキのように勉強しました。勉強したおかげで技術士の倫理は、かなり覚えたつもりです。詳しい受験対策等については、技術士を応援するページを読まれることをお勧めします。


◎二次試験への道
  僕の場合、二次試験受験の経験年数を満たしているため、今年度は二次試験に挑戦します。これは、並大抵ではないと思います。3年前のRCCMの試験の時は、筆記疲れのため、1年間肩痛の重症に悩まされ、好きなゴルフも十分できませんでした。本当に辛かった(痛かったぁ)。二次試験の時もまた、肩と背中が痛くなるのかと思うと恐怖です。 


◎最後に
 今回合格の皆様、やっと二次試験受験の権利を得ましたね。JABEE卒業生に負けないように今後も自己を切磋琢磨してがんばりましょう。
技術士受験のためのお勧めサイト
  社団法人 日本技術士会
  技術士を応援するページ
  みけんホームページ

|

« 森林公園温泉を語る | トップページ | やすらぎの湯 北のたまゆらについて特別に語る! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/2571996

この記事へのトラックバック一覧です: H16技術士第一次試験(建設)について語る:

« 森林公園温泉を語る | トップページ | やすらぎの湯 北のたまゆらについて特別に語る! »