« 2004年12月12日 - 2004年12月18日 | トップページ | 2004年12月26日 - 2005年1月1日 »

2004年12月19日 - 2004年12月25日

2004.12.25

未来型自販機について語る

未来型自販機 先日、私の住んでいる札幌市の地下鉄大通り駅構内で、未来型自販機の設置コーナーを見つけました!未来型という表現が、1960年代生まれで大阪万博経験者の私の心をくすぐりました。
 あいにく未来型の前に、おねえちゃん方がいたため、近寄って見れませんでしたが(少々酔っていて変態と思われる恐れがあった)、私が想像する限りは、Edyやケータイを使って買える自販機なんでしょうね。

 写真で見えるかと思いますが、右側の自販機は、商品が見えないんですよね。とても無機質な自販機ですが、CocaCola のロゴと赤いボディカラーがその自販機が何を売る自販機であるのかを通行人にアピールしておりました。

 とにかく、未来型という表現がとても気になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.24

RCI(CALSインストラクター試験)を語る

H16.9.15資格更新講習会 私は、RCE(CALSエキスパート)合格前の2年間は、RCIでした。平成14年第1回試験合格者です。合格率は、80%程度だったと記憶しています。

参考になればと思い、私の当時の勉強法を紹介しますね。
 1.事前に送られてきたテキストを2回読み。
 2.土曜日の講習会をちゃんと聞き(寝てはいけない)。
 3.試験前日は、ホテルで2時間程度の復習。
 4.試験日も試験開始の1時間以上前に会場入りして更にテキストの復習。
    ↑↑  この方法結構有効です!お勧め

 5.【娯楽】しかし、金曜日は、神宮球場にYS vs YG見に行きました!  ←残念っ!

 受験料は自腹でしたが(将来役に立つのか、試験難易度も不明)、約8万円の旅費は会社に負担してもらったため、落ちるわけにはいきませんでした。加えて、どのような問題が出題されるのか?平成14年頃だと皆さん当たり前だったかもしれませんが、CALS/ECの意味さえ、全く無頓着でした。そういう意味では、講習会を受講しないと合格は無理だったでしょう。

 最近は、電子納品要領(案)の種類も増えて、電子納品中心に出題される(私の勝手な推測ですが)RCIは、沢山の知識を得なければならないと思います。次回試験でRCI合格を目指すのであれば、前述の5つの勉強法(5.【娯楽】も大切です)真似てみてはいかがでしょうか?決して効率的な勉強方法とはいえませんが、昨今は、電子納品等のルールが常識になりつつあります。自分の業務もOJTという意味で勉強の機会と捉えてはいかがでしょうか。

 私もRCEといいながら電子納品すべてについて把握しておりませんが、何か御質問があれば、RCIの仲間もいますので助言できると思います。僕もSXFも合格しましたが、RCIとは求められる知識と役割が違うと感じています。あくまで、SXFのための検定ですから・・・。

 吉田さん。がんばってくださいね。CALS試験については、再度、機会を見て投稿させていただきたいと思います。

 最後に、建設業界の方は、CALS/EC有資格者は単に電子納品の指南役と勘違いされている方が多く、我々にはとても寂しい限りです。私は、CALS/EC有資格者は建設産業で発生する多大な情報の利用促進のための指南役としての役割が一番重要と考えていることを書き加えておきますね(役割は情報化のステップアップと共に変化します)。

 写真は、RCE滑り止めのために受講した登録更新講習会の会場内(2004.9.15浅草ビューホテル)写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現場編集長PROを語る

序文
福井のきたやま様から寄せられたコメントについての語りです。

現場編集長PROの評価について』

1.エンドユーザーからの評価が高い
まず最初に、使用しているユーザーからの評価が高いということですね。
宣伝文句ではなく実際にそういう声を周囲の多くの方から聞くことができます。
これはユーザーの声に対して真剣に考えてくれるメーカーの誠意だと思っています。ダメな点があっても必ずバージョンアップで改良してくれていますので、信頼度がどんどん向上しているようですね。

2.価格と性能のバランスがよい
ユーザーにとって一番うれしいことは、作業が楽になるかどうかなんですね。
写真管理に関しては、ほとんど完璧に近いと思います。
写真タイトルの自動入力だけでも作業時間を半減できます。工事の工種によりますが、RICHOの某デジカメを使えば、更に自動化は進みます。
また、写真管理区分の管理も大変判りやすく便利なので、CALS対象の工事であればあるほど威力を発揮しているようです!

価格についてもエンドユーザーに満足していただける価格設定だと思っています。

結論:
以上のような観点から私は、土木関係の皆さんに『現場編集長PRO』をお勧めします。

PS:
販売もしていますのでよろしくね (・・)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.22

つきさむ温泉を語る

 まず最初に。福井のきたやまさん。コメントありがとうございます。御質問については後日お知らせさせていただきますね。

 ところで、私、温泉というかお風呂大スキです。昨日、12月1日にオープンしたつきさむ温泉に行ってまいりました。 この話題に興味を持たれているのは、たぶん札幌近郊の方でしょうから、詳しい場所については省略しますが、ずばり私なりの評価を申し上げます。

お風呂(浴場の施設) ★★★
コメント:洗い場、サウナとも明るめの照明。私自身は、少し暗めの方が落ち着くのでこの評価とさせていただきました。良い点は、足湯。背中から流れて、気持ちよろしいです。子供用の洗い場椅子が用意してるのもGOOD!

泉質           ★★★★★
コメント:泉質は、2種類。違った温泉に入れるのでこの評価。ただし、個人的には、もう少し熱い浴槽も欲しかった。

サウナ          ★★★
コメント:広さは、★★★★★。ただ、ここも温度が・・・ちょっと低目かな(涙)。混雑時は、もっと低くなってしまうような予感。熱いサウナに弱い人には良いかもしれません。とても気に入ったのが、2種類の水(冷たい)&温泉(ぬるい)風呂。
これについては★★★★★。

脱衣場          ★★★
コメント:ロッカー小さかったです。

休憩所、料理      ★★★★★
コメント:子供用の遊び場に隣接して、家族向け休憩所があり、とても気がきいています。料理についても、本業が”とんでん”だけに★★★★★。

総合           ★★★★
コメント:大人1,150円で、休憩所広し。C/Pは、高いと思われます。お風呂場の湯温、照明の明るさについては、好みによるものと思われます。私のコメントは、あくまで独断と偏見によるものと理解して下さい。
とにかく、一度行って見るべし!と、強く言える施設だと思います。

PS:福住駅からタクシー1区間はチョット厳しいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月12日 - 2004年12月18日 | トップページ | 2004年12月26日 - 2005年1月1日 »