« 1998ワイン | トップページ | つきさむ温泉を語る »

2004.12.18

監理技術者講習のマイクのハウリング(怒)

H16.12.15監理技術者講習土木工事の元請け会社は、工事の一部(一定金額以上)を下請させる際には、現場に監理技術者を配置しなければならないことになっています。さらに監理技術者の認定を受けるためには、5年ごとに国交省指定機関の講習を受講しなければなりません。
 と、いうことで、先日更新講習に参加してきました。時間は、朝9時から夕方4時半まで、約1時間毎休憩をはさみながらの講習会でした。

 お昼休みが終わり、午後からの講習は講師がかわりました。しかし、困ったことに講師のマイクとスピーカーの間に微妙なハウリングが起き続けているではありませんか。会場内に講師以外、主催者の姿はありません。ハウリング状態で10分以上経過。声が聞きづらく、講義に集中できないばかりかストレスが溜まる状態でした.僕以外の人も耳に厳しい状態だったと推測できます。結局、途中に受講者が主催者にクレームを言いに行ったようで、その後は問題なく講習が進みました。
 1万円も講習会費かかっているんですよね。マイクの調子くらいきちんと整えて欲しいですね。ほんとに(怒)!

|

« 1998ワイン | トップページ | つきさむ温泉を語る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67530/2301235

この記事へのトラックバック一覧です: 監理技術者講習のマイクのハウリング(怒):

« 1998ワイン | トップページ | つきさむ温泉を語る »